メルマガ バックナンバー MAIL MAGAZINE BACK NUMBERメルマガ バックナンバー MAIL MAGAZINE BACK NUMBER

2018.08.20アドバイスは効果があるのか!?

幸せな脳の使い方が
人生をより豊かにすることが
研究でも明らかになっています。ポジティブな状態の脳と
ネガティブな状態の脳の
幸せ度や生産性の違いは、

2018年7月20日号『ミケランジェロ効果』で
お伝えしました。

ポジティブな状態の脳は、
ネガティブな状態の脳より
31%生産性が高くなります。

販売では37%成績が上がります。

今月(2018年8月20日号)は、アドバイス効果についてです。

国際コーチ連盟(ICF:本部アメリカ)は、
有能なコーチやリーダー、
マネージャーの条件として、
「 相手の学習を促進する 」

「 自らが学び続けている 」をあげています。

さて、仕事やプライベートで
他者にアドバイスした経験をお持ちのことでしょう。

そして、アドバイスしても
なかなか期待通りには
進まないなあとお感じの方も
多いのではないでしょうか。。。

そもそもアドバイスに効果があるのか!?

*アドバイスとは、忠告や助言をすること。
(デジタル大辞泉)コーチは、「すべきである」という
アドバイスはしません。

———————————-

2009年にジャン・B・エンゲルマン、
C・モニカ・カプラ、
チャールズ・ノサール
グレゴリー・S・バーンズが例証した
財務助言と意思決定の関係に関する研究によると、アドバイスを受けている時の脳は、

「(不要なものとして)処分」しているのです。

アドバイスを受けている間、
脳は何も考えなくなります。

目の前で与えられているアドバイスは、
(視覚や聴覚を司る)脳の新皮質に留まることはありません。
結果として、遅れて記憶に留まることもあるかもしれませんが、
全く残らないという場合もあるのです。
コーチとしては、クライアントの脳は完全に機能していてほしいものです。
アドバイスをすることは、そのほとんどの脳の理性的な部分に
訴えかけています。
しかし、脳が完全に機能しているクラアントなら
意思決定するときには感情や知覚の脳機能も使っているはずです。
全ての脳が完全に機能していない場合、
クライアントが非論理的な決断を下す可能性が急激に高まっています。
(ICF 倫理と基準 〜道具箱から〜引用)
——————–
現場では、アドバイスする機会も多いことでしょう。
アドバイスは、そのまま伝えると
単なる情報として処分されるようです。
相手の感情に訴える伝え方
相手が認識できる伝え方
「自分にとってはどうなのか?」
と共感や認知ができると
アドバイス(あなたの話)は、
相手の世界観とつながり
相手の「経験」と「学び」につながりそうです。
あなたの話(アドバイス)を
単なる情報に終わらせるのではなく、
価値あるものにするには、
双方向の会話が有効でしょう。
私たち一人ひとりが今以上に主体的に生きる選択ができると
世の中はますますハッピーになりますね。