メルマガ バックナンバー MAIL MAGAZINE BACK NUMBERメルマガ バックナンバー MAIL MAGAZINE BACK NUMBER

2018.07.20ミケランジェロ効果

WSCコークリエイターYさんから教えてもらった
「ミケランジェロ効果」

脳科学者の茂木健一郎氏のブログ
初めて知りました。

以下ブログより転載です。

『相手の中の理想像を掘り出すこと』

『「この人には、こんな素敵なところがある」
「こんな美しい心がある」そのことを発見し、

相手にも気づかせるように促し、
接している時の微妙な言葉遣い、
行動を通して、

次第にそのような美しい
性質が顕在化するようにする。』
ことだそうです。

————————-

「ミケランジェロ効果」とは、

『相手の中の理想像を掘り出すこと』

美しいですねー。

私たち世界基準のコーチは、
ICF国際コーチ連盟から、
アート(芸術的)が求められています。

他に、サイエンス(科学的)、
プラクティス(実践)も必要です。

2009年にイタリア・フィレンツェ旅で
感動したことを思い出しました。

ルネサンス盛期の芸術家ミケランジェロの
彫刻『アダムの創造』を見たときを。

ご覧になった方もいることでしょう。

想像していたより本物はずっと大きく、
今にも歩きだしそうなイキイキとした作品でした。

しばらく釘付けになり、
ずーーーーっと眺めていました。

そして、同じルネサンス期を代表する芸術家
レオナルド・ダ・ヴィンチ

言うまでもなく、
モナリザ、最後の晩餐など有名作品があります。

芸術家であり科学者でもあったダ・ヴィンチ。

今、どのような仕事も
芸術的(アート・感動共感)と科学的(根拠・エビデンス)
そして、実践(日常的・行動)が求められていますね。

突然ですが、

ポジティブな状態の脳と
ネガティブな状態の脳の
幸せ度や生産性の違いは
どれくらいあると思いますか?

かなりの差があるようです。

この差について、TEDトークを見ました。

To happy secret to better work
Shawn Achor(ショーン・エイカー)
一部、ご紹介します。

ポジティブ脳と成功についての彼らの発見は、
IQによって予測できるのは25%だけで、

残りの75%は、楽観の度合いや周り仮のサポート
ストレスを脅威ではなく、
挑戦とし受け取る能力にかかっているのです。

成功するために脳がすることは
成功の定義を再定義すること。

幸せが成功の向こう側にあるのでは
脳はいつまでもたどりつけません。

現状へのポジティブさの度合いを
引き上げられれば、
その人の脳は、幸福優位性を発揮し始めます。

ポジティブな状態の脳は、
ネガティブな状態の脳より
31%生産性が高くなります。

販売では37%成績が上がります。

ネガティブやニュートラルではなく
ポジティブな時に医者は
19%早く正確に診断できるようになります。

—————
とのことです。

私たちの脳の状態で
「ミケランジェロ効果」が
さらに豊かになりそうですね。