ブログ BLOGブログ BLOG

  • top>
  • ブログ>
  • フランス行き当たりばったり一人旅

2015.07.18フランス行き当たりばったり一人旅

思い立って、7月2日〜7月7日
(8日午前8:35日本着)まで、
フランス一人旅をしてきました。

フランス行きを決めたのは、5日前。
JALマイレージで飛行機が取れる場所に
行きました(笑)

初めてのエールフランス、ビジネスクラスは、快適でしたよ〜。
機内食は、シャンパンと本格的フレンチ。
量が多いですねー。

中2日は、ホテルも予約していない行き当たりばったり(笑)

急だったので、ガイドブックは持たず、
国際免許は切れたまま。なのでレンターの選択肢はない。

偶然にも7/2(木)は、満月!
フランスは、20年前にパリを団体旅行で訪れたきり。

ということで、フランスでも行ったことがない場所に決めました。

「満月の日に、世界遺産のモンサンミッシェルに行こう!」

モンサンミッシェルは、パリから日帰りバスツアーや1泊2日のバスツアーがあります。

しかし、団体バスツアーは、楽チンだけど、NG。
一人で気ままに行く事を選びました。

ネットでパリ国鉄のTGV新幹線の時刻表を
調べてみるとパリ・シャルルドゴール空港から
モンサンミッシェルに近い、
レンヌ駅まで約3時間。

そして、レンヌ駅からモンサンミッシェルまで
バスで1時間30分という行き方が一般的。

(特に日本人には乗り換えがないから
ガイドブック等で勧められているそうだ)

4時間30分は、時間が相当かかる〜、遠いのね。
行ってわかったことだけど、モンサンミッシェルは周りは
麦畑しかないとてものどかな田舎です。

飛行機でレンヌ空港に行く事も考えたけど、
往路は、羽田 7:35発、パリ・シャルルドゴール 12:50着で、レンヌ行きの飛行機が夜までない。

ってことで、TGV新幹線を使うことを決めました。

そして、問題が発覚。

レンヌからモンサンミッシェル行きのバスの最終は、16:30頃(17:30頃だったかも)。
空港発 14:49だから、レンヌ着は 17:50。
最終バスに間に合わな〜い。

レンヌ泊はあり得ない。
だって、7/2(木)は、満月だからさ。
エネルギーの高い日に、モンサンミッシェルと満月のコラボを見たい。

バリ国鉄のネットを調べたら、レンヌ駅から普通列車に乗り換えて
ドル駅まで行けば、そこからタクシーで30分くらいで、
モンサンミッシェルに行けることがわかった。

ドル駅 18:43着。
駅にはタクシーは一台もなく、
電話して呼ぶしかなさそう。

そして、駅前のカフェに入り、ビールを注文して
お店の人に、「タクシーを呼んでほしい」と
お願いしました。

すると、お店の人は、常連客に、
「モンサンミッシェルまでタクシーするか?」って聞くわけですよ。
行ったれやって感じで(笑)

さちは、「いいです〜。タクシー呼んでください」って言うだけど、
結局、お客さん(おじさん)のプジョーで、ホテルまで送ってもらいました〜(笑)

おじさんは、泊まるホテルの場所を知っていて、
とても助かりました。

おじさんは、英語はわからず、
さちは、フランス語がわからず、
お互いに非言語でコミュニケーション。
何とか、会話は成立しました〜(笑)

モンサンミッシェルの島内には、
15分ごとに無料バスが宿泊したHotel Vertの前から出ていました。

対岸は、この2つ星のホテルしか空いていなくって
どんなホテルか心配していましたが、

とても清潔で部屋も広く、フロントも感じが良くて、
Wi-fiは無料、スーバーはお隣だし、
快適でお得でした。(1泊朝食付きで12,500円位)

ホテルの前の公園。
道を挟んだ前のメルキュールホテルが良かったんですが、Hotel Vertで快適でしたよ〜。
日本やアジア、欧米の団体旅行にも使われていましたよ。

モンサンミッシェルの日没は、22:00頃。
夕焼け、夕日、満月を満喫できました〜。
facebookに投函したら、
お友達がモンサンミッシェルって曇っていることが多いって。
快晴でナイスですねって。

そうなんですよね。
強運の持ち主です(笑)

美しい夕日!

左手がモンサンミッシェル。
ずーーと、22:00過ぎの日没まで、
寝転がったり、日本人観光客の人と話したりして
ライトアップを待ってました〜。

ホンマに観光客だらけです(笑)

絶景~。
感動~。

ただただ、眺めている至福。

22:00頃の日没後、24:00まで
ライトアップされていますよ〜。

長い一日を無事終えました。

翌日は、修道院の中を開門の9:00頃から
見学しました。
人が少ないので落ち着いて見学できるようです。